サイトトップ コレクション 日記 リンク

ふて〜き日記


2018.11.10
----------------------------------------------



一時はアホほど雑草のごとくあった「ツヤカタバミ」も
何年か前に絶えてしまった。

その後幾度となくタネを蒔き直すも芽が出てこなかったので
取り蒔きじゃないとダメなのかな〜と諦めていたが
今年も懲りずに蒔いたら今回は芽が出てきた。

隣は同じ理由のメセブリ。これも今回に限り何故か発芽。

かなり古いタネなのに・・まだ芽が出るんだね!(@@;)驚


問題はこの先だ。

古いタネは発芽することがあっても性質が弱かったりする。
10年ぶりじゃー!と喜んだのもつかの間、一夜で枯れたりとか。

1年経つまでは油断できない。大事に育てていこう(`・o・)


2018.11.05
----------------------------------------------
気温が高いせいなのか
挿し木した多肉を窓辺に置いておいたら
葉焼けし腐ってしまった。古皮を取ったコノフィツムも同様(;;)

ベランダにあった多肉なので、日光には慣れてるはずなのに
ガラス越しの高温に耐えられなかったようだ。
真夏なら分かるけど10月でこの被害は珍しい。

挿し木したい多肉はまだあるのだけど
暖かいといっても11月に挿し木をするのもな〜・・・
すぐ冬になってしまうしどうしたものか?(==;)



モナデニウムの「リチェイ」

家に来た13年前(下写真)よりもだいぶ大きくなった。



今後の仕立て方を検討中( ̄ヘ ̄)んー

気根も出てることだし、ポキっと折って挿し木をすれば
すぐにでも増やせるんだろうけど
このニョロニョロした形を根本的に直したい気もする。
すでに鉢は自立出来ないw

群生株の写真がググってもあまり出てこないのは
群生で仕立てる人は少ないってことか?
そうであるなら無理に挿し木でバラさずに
挑戦してみる価値はあるかな?


2018.10.20 ---------------------------------------------- 秋の植替えは大体終了。 まだなんとなく終わって無い感あるのは春にでも。 花モノ系で植え替えられなかったのは 土だけ足しておこう(=∀=) 竹串をブスブスと土に挿しまくるだけでも 空気が入って根が元気になるぞい。 初夏に咲いていた「砂漠のバラ」 いつもすぐに落ちる花ガラがなかなか落ちないとおもっていたら なんだか実らしきものが付いてる・・・ ん? これアデニウムの実なのか? 自家受粉でタネが出来た事よりも 実の形が気になった。 たしかアデニウムの実って巨大なものだったはず。 初夏から3〜4ヶ月たってもこの大きさって正しいのか? 栄養が足りなくて全然育ってないのか?? 収穫は年をまたぐそうだが、冬は寝てるんじゃないのか??? 初めてのことでサッパリ分からない。 せっかく実ったならば一度くらいは収穫してみたいなー。 2018.10.08 ---------------------------------------------- 植替えの土作り。 ここ数年は赤玉買うのケチって、ベースの土はリサイクル土。 微量要素が欠乏して変なウイルスも持ってるかもしれない ろくな土じゃないけど、多肉ってそんなに細かい気を使うほど 繊細な土を必要としてないから「ま、いっか」という具合(=∀=;) 元の土はミミズや虫たちが沢山住んでいる土を使っているから そんなにヤバい土でもないとおもうぞ。 見える範囲の小虫たちやゴミを除去して、細かいフルイにかけて 中粒と小粒の主に赤玉だけを抽出してる。 それに新品と軽石やバーミュキュライト、腐葉土などを足して 緩効性肥料と鶏糞を少々。 全然問題ないとおもってるんけど、どーよ? ・・・問題があるとすれば植える多肉の側。 コナカイガラムシ(ネジラミ)を保有した古い土や根が問題。 土を全部捨てて、根もなるべく切り詰めるようにしてから 上記の土に植え付けてる。 それでも根元付近に虫が残ってる場合もあり根絶が難しい。 挿し木すると完璧。でもすべての多肉で出来るわけじゃない。 未だ無農薬でネジラミと戦う方法が見つからない。 何か嫌いなものが見つかればよいんだけど・・・ トウガラシでも土にねじこんでみるかな? 2018.10.05 ---------------------------------------------- 春の終わりごろから斑が入り始めた「ヒアリウム」 変異とまではいかない、こういう不安定の斑は消えることが多い。 成長点付近は抜けてきたカンジだね。 斑入りの多肉は過去に何度も 斑が消えたり、斑のせいで形が崩れたり、日焼けしたり 不安定で観賞価値を維持するのが難しかったから 今は斑入りというと 遺伝子的に安定した斑入り種にしか手を出さない(-o-) 多肉を始めた頃なら、「斑入り!」「スゴイ!!(☆☆)」と アゲアゲなテンションだったんだろうけど ずいぶんと冷静になってしまったもんだなw 2018.09.25 ---------------------------------------------- 涼しいから植替えを始めた。 さすがにもう熱帯夜が続いたりとかはしないだろう。 雨が降ってベランダの多肉は濡れているから まずは室内の多肉を植替え。 とはいっても、あんまり無いのだよね〜 春に沢山やったから。 サクっと10鉢ほどで終了(ノ-∀-)ノ ホイッ どちらかというと挿し木をしたいな。 茎がビロビロに長くなってきた多肉が増えてきた。 よく挿し木は秋より春の方が向くっていうけど 秋の早い段階でやったものは春より成績がよい気がする。 夏みたいに腐って失敗するパターン無いし。 根が出なくても体力が残ってれば春にやり直しがきく。 ただし、勇気がいる作業だから苦手w 白花の「エンシフォリア」を植替えたら 分頭しとった。 ↑去年は1株だった証拠写真。 大きさがMAXになるか、調子を悪くすると危機感で分頭する。 かなり大きかったから前者だよね。いじめた心当たり無いから。 分けた方が球根が大きく育って花も沢山咲くんだろうなー でも置くとこないから今年は据え置きで。 来年忘れてなければ場所を用意しときます(^^;) 2018.09.20 ---------------------------------------------- 長雨が疲れてきた多肉たち。 夏の疲労がぐーーーんと取れてきたのはよかったのに さすがに9月に入ってから曇りと雨ばかりだと 水を飲むのもお腹いっぱいである。 真夏のように気温が急上昇することも今のところは無いから 日焼けや蒸れの心配はないから贅沢言っちゃいけないか・・・ でも涼しくても水飲み過ぎたら腐りますがなw このままの気温で爽やかな秋晴れに持ち込んでほしいな。 そうすれば、いよいよ植替えとタネ蒔きの本格シーズンですよ。 ん? ほかはもう始めてるって? 2018.09.15 ---------------------------------------------- 先日の台風で外にあるサボテンを部屋に取り込んでいたら 「唐金丸」の棘座の白いものが大きくなってることに気付いた。 巷で言う「唐金丸」とはこんなサボテン。 Googleイメージ検索(外部リンク) まん丸くて棘座は成長と共に白くてふわふわになってくる。 (※一部ウチの唐金丸が表示されてますが) それと比べてウチの「唐金丸」 買った時は「唐金丸」で業者から買ったのだが どんどん縦に伸びてしまって似ても似つかない( ̄_ ̄|||) 度々この日記にこのことを取り上げていますが 別種と疑うよりは、徒長だよねー( ̄Λ ̄;)やっぱし。 真上から日光当てないと、横っ腹に光の当たる窓辺では いわゆる先端が細長くなる"徒長"とは違った じんわりじんわりとした独特の徒長になってしまうわけだね。 今まで別種と疑ってばかりだったけど 白いふわふわが出てきて やっぱりオマエは「唐金丸」なんだなとおもえるようになってきた。 2018.09.10 ---------------------------------------------- 冬型メセンの水やりはどのタイミングで始めればよいんだろうね? 小型のコノフィツム、太根直根のブレイオスピロスの帝玉とかは 真夏でも時たま水やりした方がよいらしいので 涼しげな日の夕方を狙って与えていたのだけど 他のメセンは暑い日の夜に霧吹きする程度。断水中(-_-) 本格的な水やりに切り替えるタイミングというのが 10年以上育ててきても未だにナゾww 自分の中では、最高気温が25度下回る日が増えてきたらと考えてるのだけど 正解は何なんですかね? 25度じゃまだ暑いのかね? ウチで一番注意すべきはフェネストラリア。 今年はこの猛暑の中を何とか2株ともギリ越せてはいるけど 冬に体力が回復してくれるかはまだ分からない(´_`;) 代わってこちらは夏型なんだか冬型なんだか イマイチよくわからんレデボウリアの「パウキフローラ」 最初はコロコロした球根に短くて綺麗な葉が付いていたのに 水を切り過ぎたら痩せこけてしまったので 今は水やり過多栄養肥培中。 おかげで観賞に耐えられない姿となってしまっているw これを元に戻すには子株を整理して球根を植え直し 球根上部でバッサリと葉を切り戻すと形が次第に直ってくる。 やるなら今かな? 2018.09.05 ---------------------------------------------- 台風21号去る。 ( ̄Λ ̄)東京は進路の外側ということもあり 風の強さの予想が難しかったのですが、 "非常に強い勢力"とのことだったので "強い勢力"の台風くらいの対応を取りました。 今日確認した限りではベランダ残留の多肉達も被害はなく スダレかけのフックが飛んだくらいでしたかね。 (フック買ってこないとスダレも遮光ネットも付けられんがなw) 関西の被害を見るに、もしも同勢力の台風が来た場合は ベランダは物干し竿も含めて一切の片付けが必要そうですね。 それどころか室内の窓際も片付けた方がよさそうだ・・・ 人間も最上階(自室)は無理だな・・・ 家に長いこと根を張って 枯れてもいないのに写真を撮ってもらえない多肉。 堂々第一位は「リュウゼツラン」くんかな〜? もう15年くらいいるのか?もっとか? 「木立アロエ」の居候。 数年前に鉢を大きくしたのだが 雨の当たりにくい場所に置いてあるにもかかわらず管理してない為 本来の姿には程遠いサイズ。 というか本来の姿になったら困るからこのように育てている。 横幅1.5とか2mくらいになるんだよ(@@) 小さな鉢で育てても枯れるわけではない為、この株は一生大人にさせない。 アガベって花咲かせないと、どれくらい生きるんだろうね? 100年以上とか生きちゃうんだろうか?
2018.08.25 ---------------------------------------------- 嵐が来たり来なかったり繰り返しの8月後半から9月前半。 雨風強くて 閉め切った部屋に閉じ込められる日が出てくるんよね〜(-_-;) 夏バテで滅入ってる多肉達が最後の地獄を味わうのがこの時期。 おまけに室内の日の入り方もエゲつなくなってくるから恐ろしい。 スダレを上げたり下げたりですわな・・・ 夏場。雨に濡れちゃいけないけど 野外で絶対通風!を必要とする多肉が少なからずいるね。 「姫星美人」もそのひとつ。 涼しければ問題ないのだけど 夏に焼けて煮えるベランダに置いてあるとリスク大。 でも、他に湿気から守れる場所がウチには無いし・・・ 毎年群生になっても写真のように一部は枯れ込む。 (-∀-;)全部枯れなきゃいいのです。全部枯れなきゃ・・・ 2018.08.15 ---------------------------------------------- 長らくエアコンが無かった家に3年前ほどにエアコンが登場。 「35度以上の予報で無い日はONにしちゃダメ」という家族ルールはどこへやら 今年は連日、朝から晩まで稼働しぱなっしw (特別今年は暑いからね) エアコンの室外機はベランダの内側にあって熱風がこもる。 今までそのベランダにはハオルチアがあったが今は違う場所に移動。 誰もこの室外機の灼熱環境では生きられないかとおもったが アロエとガステリアはそのまま耐えてもらっている。 アロエの強健さは分かるが、ガステリアってものすごく強いのだね(@@) 遮光すらしてないのだよ。直射日光と室外機の熱風で、 東京が39度だった日、一体何度になったのだろう? 隣の冷え冷えの部屋でゴロゴロする飼い主。 いつかガステリアたちに痛い目にあわされる気がする・・・ 我が家にある99%の多肉達が南側のベランダやら窓に置かれている中、 北側玄関にある1%の多肉。 それが「十二の巻」と「姫玉緑」 元々水が好きであった「姫玉緑」が南側では乾き過ぎてゾンビになり 半ばやけくそで北側に置いてみたのだが コチラの方が環境があっていたようで、すっかり元気になった。 「十二の巻」は十年以上前から何鉢か置いてきたけど もう少し光量が欲しいようで若干徒長する。 2018.08.12 ---------------------------------------------- 暑くて熱風が入る出窓。室温43度。 十分クソ暑いとおもうけど歴代MAXは50度を超えるから 長年いる多肉たちはそこのところ分かってくれてるかも。 通風さえあれば室温40度・湿度激高でも乗り越えられる。 この通風の確保が難しい。 扇風機で部屋の空気を混ぜることが出来ても 多肉回りを重点には風が流れないから 上部から別角度の扇風機がほしい今日このごろ。 一番良いのは窓からの風なんだけどさ・・・(ーー;) こればかりは望んだ通りにはいかない。 部屋の多肉達が40度を越す中、 アスファルトのセダムたちは50度近くになるはず。 国産の都市型セダムはヒートアイランドにもう慣れっこに対して 外国産では「メキシコマンネン」だけがズバ抜けて強い。 これは「原産地がメキシコだからやろ」ということではない。 名前はメキシコのくせしてアジア産説が強い。 雨が降らなくても枯れはしないけど、 青々した方が涼しげなので水やりは真夏も定期的にしてる(・v・)
2018.07.31 ---------------------------------------------- ホントに今年の暑さはすさまじい暑さだよ('〜`;) 外の多肉はともかく室内の多肉が蒸し風呂状態で可哀想すぎる; 扇風機で空気を回すことが唯一の手段。 部屋でそういった調整やら多肉を世話する時間すらもしんどい・・・ 外の多肉を台風や大雨で室内に取り込む場合、理想は ・雨に当たる前 ・水やりは数日前から控える ・通過後、雨が止み次第すぐ外に出す。 ・1〜2日でミッション終了 延長線になると(雨がすぐ止まないなど) 日を追うごとに蒸れて枯れるリスクが上がる( ̄_ ̄|||) 1鉢に1扇風機付けないとダメかね? 今年の春からベランダに移動してる「*」 というのも、ウチにあるカランコエの中で一番葉が取れやすく、 何かとぶつけては葉が落ちて丸坊主になりそうな勢いだったので 人の出入りが少ないベランダで放置プレイにしてみた(-∀-) 一時期よりは葉数が回復してきたかな。 花が咲くくらい大きくなってくれとは言わない。 葉数だけはキープしたいカランコエw 2018.07.25 ---------------------------------------------- 暑くて死んでますね(-_-;)人も多肉も。 クラッスラはすでにダメージ受けてますな。 いつもは8月後半ごろに症状が出てくるのに。 水やりもこれだけ暑いと気を使います。 与えなくても良いのですが 夕方にクールダウンを図るために次の日に残らない量を与えてます。 与える時も頭からかけたら危ないです。 先日もアエオに頭からかけてしまって 溜まった水が温まり次の日、ロゼットが崩れ落ちました; ・・・怖えぇ( ̄_ ̄|||) ビロビロに伸びた「フェレイラエ」を切って 水に挿してみたんですが、どーでしょう? ペペロミアは暑がりですが水が好きで 挿し木も底水で土が湿った状態が良いそうです。 なんならと水挿しにしました。 10日後。。。 根っこ出てきました(^^) 真夏に何してるんだって話なんですが どーだろう?植えたら根付くかな? 2018.07.10 ---------------------------------------------- やっと風も収まって来たので出窓の多肉たちにスダレを取り付けた。 これで日差しにさらされていた寝てるメセンたちも煮えずに済みそう。 ところで先月のチャリティーオークション。 集計したところ最終的に \14,206 となりました。 どうもありがとうございますm(__)m 前回同様に「緑の募金」(※外部リンク)に寄付する予定です。 ※出品側の余談ですが オクのオプションから直接募金設定(上記団体含め)すると オクの利用料が免除されるのですね(-_-;)うぅ、今度からそうします。 毎年しっかりと咲いてくれる「砂漠のバラ」 今年はやたらと赤い花が咲いてます(いつもは中心部は白) 春からよく日光に当てたせいなのかな? いつもワタムシの猛攻に遭い開花期に悲惨な状態になってましたが 今年は春に2〜3回事前予防したおかげで ほとんど虫がいない状態で開花期を迎えられた(^^) やっぱり花1個1個が大きくて元気だね。 長く楽しめそうです。 2018.07.05 ---------------------------------------------- ここ2週間ばかり、梅雨が明けてからというもの 毎日毎日!風が強い! 例年であれば30度を超えるようになり 室内に熱射が入るようになる頃、スダレを設置するのに 風が強すぎてスダレどころか 先日設置したソーラー扇風機もパネルを避難させてお寝んね(-∀-;) まぁまだ、風が多肉に当たる分、蒸れや葉焼けを防げてるけどね〜 それでもハオルチアとかは窓が白くなるから なんとかせねばいかんよね〜 セダム・ウィンクレリーこと「バエチクム」が どーも納得できる育て方が出来ない。 その証拠に入手当初以来、花が咲いてないし。 ランナーが出やすく挿し芽で増やすのは簡単なのだけど そこからしっかり根付いて株を充実させるのがうまくいかず 常に小さいまま。蕾を付ける体力が無いみたいだね〜(´_`;) 肥培したり水を多くてしても変化が無いから 夏越し冬越しとか環境の問題なのかね〜?? それとも肥料食いでもっとエサやらんとダメなのか? 大きくて白い綺麗な花。また見たいな〜

過去日記はコチラから みんなの趣味の園芸 みんなの趣味の園芸 マイページ


リアルタイムはコチラ Twitter Twitter Tシャツ屋: DOTEKKO