サイトトップ コレクション 日記 掲示板 リンク

ふて〜き日記


2018.01.14
----------------------------------------------
今年最初の日記更新。
最近はTwitterに多肉写真を載せてることも多いですが
コメ数の制限もあるし、メインはこっちに書いてきます(^.^)

新しい年が始まって早々、寒波襲来!なんてニュースしとりますが
東京は氷点下2度まで下がったわりには被害無しです。
ほとんど野外で放置プレイだったんだけどね。あーよかった。

湿度が低かったのかな?
雨上がりや湿度がある日の冷え込みでは強霜に注意。
もちろん氷点下2度以下は葉そのものが凍る危険もあるね。

水やりをガッツリ控えて、葉の中の水分を減らすことで
養分の濃度が濃くなって不凍液までいかないにしても
通常よりは低い温度でも凍傷の被害を受けづらくなる。
元々葉っぱが小さかったり薄い種類とかは効果低いかな。
根っから寒さに弱い種類も有効じゃないね(=∀=;)




9月にタネを蒔いたウンビリクス。
小さな芽が出てから、うんともすんとも動かないから
ダメかな〜とおもっていたら、
ここ数日間だけで葉がひとまわり大きくなって
足元から新芽が出てきた。

快適温度に達したのかな?
暑さが苦手とは聞いていたけど
寒波でも来ないと動かんとは・・・

ちなみ以前大きな株を購入した際は
半月も経たないうちに枯れてしまった。
2月だったんだけどな。すでに暑かったんか?(-_-;;)


2017.12.30 ---------------------------------------------- 前々回の日記で振れなかったけど 3年ぶりくらいに世田谷・ボロ市の植木市に行ってきた。 多肉屋さんは3店舗出店していたけど 昨今の多肉ブームのせいなのかどこも盛況で 売切れなのか、気になる品種は見つけられなかった。 グラ・パキ・セダム・クラとかの原種系統を探してますが 交配エケブームでエケ!エケ!エケ!していて 最近はどこの多肉を扱う店に行っても興味が沸かない; 来年も続くのかな?エケブーム。 いつになったら来るんだ?カランコエブーム?w ハオルチアの「だるまコンプト」 おそらくコンプトニアナの交配種? ウチに来て17年半くらいにもなるのに 一度もコレだ!という納得のいく形に整ったことが一度もない;汗 形が崩れやすいというのが一番の理由。 ギュっとなってくれないんだよね。光加減も難しいし。 根がひねくれた事が無いだけ良しとしよう。 納得いく形になるにはあと何年掛かるかな? 2017.12.25 ---------------------------------------------- 霜が降りる日がちょこちょこ出てきた。 今のところ霜での被害は「玉つづり」くらいかな。 居残りカランコエも下葉の落葉でとどまってた。 つまりは大した寒さではないのだろう。 東京でも強霜が降りると多肉がバタバタと凍ってダメになるから 寒い寒いと言われる今期は今後要注意だ。 9月に挿し木したコノフィツムの現在。 おもいのほか根付いてくれなくて 水を吸ってくれたのはまだ半分程度。 シワシワになって縮んでいたせいなのか 同時に水を吸ってくれなかったからなのか かなり鉢がギュウギュウだな〜。後続は膨らめるのか? 根出しは湿った土をキープしてればよいはずなのに ここまで成績が悪かったのは何故だろう? 花後で疲れていたから? 水がなんだかんだでまだ少ない? 天候不順で気温が低すぎた? もうすでに冬だけど残りの株も早く元に戻ってくれますように。 2017.12.20 ---------------------------------------------- 今更ながらベランダの一部多肉に 北風・霜除けにビニールカバーをかけた。 例年通りビニール傘のビニールを改造しただけのやつw これでどれくらいの効果があるか分かりませんが 冷たい雨で葉が痛むことはなくなったかな。 それよりか、部屋が相変わらず寒過ぎるせいで 寒さに弱い多肉の下葉の落葉が止まりませぬ; 部屋に暖房器具が無いのがそもそも問題なんだよな。 自分の為にも多肉の為にも未だに買う気ないから せめてプチプチ2重巻にしてやろう。 無事に夏を越した「五十鈴玉」だったが 半日陰で避難していたことで、すばらしく徒長w このままではなかなか格好悪い; 今は室内の日当たりの良い特等席に置いてあるけど 外に置こうかな。外、寒くて多肉棚空いてるし。 毎年室内で育てているから外で冬越しさせたこと無いんだよね。 凍ったりしないのかな? 耐寒性が分からない。 2つあるから1つを試しに外で越冬させてみよう。 2017.12.16 ---------------------------------------------- 最近ベランダにスズメが群れで来ているみたいで 手すりがフンまみれなのと、 多肉が数本抜けてたり、土がほじくり返されてたりする。 最初はまぁ別にいいか。とおもっていたけど 同じ場所を3度もほじくり返されると、ちょっとムカっとするw まだ、かじらないだけよいです。かじりだしたら対策考えます。 (赤い多肉はかじられやすいのだが、今年赤い多肉が少ない) それはそうと、部屋の多肉の方は年1〜2回の大掃除ですよ! 部屋で土いじりするからには欠かさず毎年やってます。 (特にゴミグモが多く住み着いて蜘蛛の巣だらけになる;) 鉢数は50鉢以上。移動するだけでも大変なのだよ(;´ω`) 全部の鉢を移動させて、窓掃除して、サッシ掃除して、 汚れが付きにくいように枠板にワックス塗って 多肉鉢を戻す時も底皿磨いて、ホコリや枯れた葉を取って綺麗にしてから 元の位置に戻して完了。 それぞれの位置も日当たり風通し順で決まっているから 1鉢も変わることなく元通りにね。 記憶力に自信が無い時は予め写真を撮っておくw 出窓の多肉置き場は隣の部屋にもあるので、これからそっちやります。 部屋の多肉の掃除だけで1日掛かりだね(+_+;) 2017.12.11 ---------------------------------------------- スマホサイトをまったり制作中。 ほぼPCサイトからの移行なんだけどね、 デザインの関係で若干の構成変更があり時間が掛かりそう。 一番厄介なのがそのデザインですな。 PCからネットを見る人が減った為 スマホサイトを今回作り始めたんだけど 当の本人がスマホはおろか携帯電話すら持っていないせいで 実際どのように表示されるか確認が出来ないww Google・Chromeのデベロッパーで仮想iphoneとして確認してます。 完成したら誰かモニターお願いしたいm(__)m 2017.12.05 ---------------------------------------------- 今年の秋は気温が低かったせいで 秋に挿し木した多肉の根の出がすさまじく悪い( ̄_ ̄|||) クラやセダムなどの夏型は致命的。 春秋型のアドロやセネキオはまぁまぁ。 冬型ののメセンさえ未だに根が出揃わない。 腐りにくい気温を味方に じゃんじゃん水やりして促すしかないのかな・・・ まだまだ野外の「ペンテリー」 シソ科の多肉は毎年、室内に取り込むタイミングを悩む。 霜が降りるギリギリまで耐えられるけど 下葉が落ちやすいから早めに取り込みたい。 ギリギリまで耐えると花芽が沢山付くけど 来年体力を回復させるのに時間が掛かる。 結局どんなタイミングが良いのだろうね? 最低気温が5度を切ったらにしようかな? 2017.12.01 ---------------------------------------------- 12月に入り、いよいよ本格的に寒くなって来たから 部屋に取り込んだコーデックスをプチプチで巻いて防寒対策を開始した。 昨年だか一昨年は窓にもプチプチを張ったんだよな。今年はそれもやろう。 こんな時の為に梱包材のプチプチは沢山保管してある。 汚れたり破れない限りは来年も使えるから 大きなプチプチほど重宝w 買うと何気に高いんだよ(-∀-;) 今年の6月に風で飛ばされてしまった育成箱。 家と家の隙間にバラバラになった葉っぱをかき集めて 使えそうな葉だけ挿して、生き残ったのがこれぽっち。 アドロは沢山根付いてくれたけど 交配種と原種の選り分けが大変そうだな; 以前撮った写真と見比べて慎重に分けないと。 「ブロンズ姫」は助かったけど 「ブロンズ姫錦(ピーチ姫)」は助からなかった。 まだ無名で出回ってなかった頃に頂いたもので 思い入れがあっただけに悲しい(;;) 他、親株の入ってる育成箱も被害が大きくて 今年中には元気にならなかったね。来年の春に期待。
2017.11.25 ---------------------------------------------- 今年はたいした数の花が咲かないうちに終了した「日高ミセバヤ」 葉だけは立派に紅葉してる(^^;) 自分は植物栽培を始めた当初から多肉植物の栽培だけをしているせいなのか 水やりをサボり過ぎる傾向にありますがー 特に水が好きなタイプの多肉は その影響をもろに受けるね。ミセバヤもそのひとつ。 以前1年だけ、いつもの南側屋根有りベランダから 北側屋根無し玄関に移動して水だくだく栽培にしたことがあったけど おそろしくモリモリに成長したな。まさに水を得た魚だったw サボり癖は20年も経って今から直りようもないねー(=∀=)ハハ 栽培方法を見直すしかないね。 とりあえず今より保水性のある土にしてみるか? 植木鉢もプラ鉢に戻した方がよいかも。 10年前くらいの花数に戻ってくれるのが目標。 2017.11.15 ---------------------------------------------- 今年の秋の多肉実生は、 ・アンティミマ ピグマエア ・オーニソガラム ヒスピドュム ・ディオスコレア 亀甲竜 ・ウンビリクス ルペストリス ・ガステリア 春鶯囀錦cv ・セダム カエルレウム(青花セダム) ひさしぶりに多肉のタネを買って蒔いてはみたものの 発芽したのは、オーニソガラムとウンビリクスが1〜2芽。 ガステリアは2芽出たけど溶け。 結局そこそこの数の発芽は「青花セダム」だけ。 「亀甲竜」が万全を尽くしたのに発芽しなかったのが痛い; 腕が明らかに落ちてるのか; サクっと発芽してた十数年前が懐かしい・・・ 来年もめげずに何かしら蒔いてみようとおもいます。 アロエ「デルトイデオドンタ」の仕立てがイマイチうまくいかない。 群生になりやすいから鉢全体の形が崩れるのは仕方ないのだが 葉が幅広にぷっくり育てるのが難しい。 アロエだから少し大きな鉢で肥培倍倍すれば それなりになってくれるのかな〜? 17年前。家に来た当初に比べたら全然よいか? 2004年が一番キレイだったな。 2017.11.10 ---------------------------------------------- 冬型球根の芽がちょこちょこ出てきたので 外に置いてある夏型コーデックスと入れ替え。 夏型の特に「砂漠のバラ」を葉が付いたまま風通しの悪い室内に取り込むと あっという間にワタムシでびっしりになってしまう。 落葉したら全部キレイに磨き落とすから放置してるんだよね。 やっぱり取り除いた方がいいかな? 他に移るし。 夏に丸ハゲになってしまった「舞乙女」 綺麗だった姿は見る影もないな;泣 室内だと風通しが悪くて葉が枯れ込むかな?とおもって 野外栽培に切り替えたのだけど 余計暑さで蒸れたみたいで、こんなありさまに・・・ 星クラは室内の方が成績が良い気がする。 ここまで丸ハゲになってしまったから 頭だけ生かしてダメ元で挿し木にしようかとおもっていたら 下の方から沢山芽が出て来ていた。 これがうまく育ってくれれば以前のような姿になってくれるだろう。 星クラは足元が丸ハゲになることがよくあるけど 慌てず騒がず今度からはカットせずに様子を見ることにしよう。 2017.11.05 ---------------------------------------------- 2個目の台風も無事やり過ごし 多肉達も珍しく無傷で済みました。 天気が回復した翌々日、取り込んだ多肉をベランダへ出そうとしたら 廊下ですっころんで育成トレーが逆さまに! ・・・。 やっぱり無事じゃ済んだ試しが無いな。台風め。(逃 台風で取り込み中の多肉のいくつかに花が咲いていた。 写真はツユクサの仲間のカリシア「レペンス」 花らしい花弁は無くて(1mmほどの白いのがそうなのかな?) 変な綿毛みたいなものと、オシベが6個。 綿毛みたいなのはメシベなのかな〜? 全体でも5mmほどで恐ろしく地味で小さく目立たない。 種名をレペンスとしているけど、カリシアのことを知らないので 合ってるのか不明。園芸種含めないので20種類前後くらい? レペンスで調べると紫色の葉の写真ばかりが出てくる。 明らかに家のものと違うのでどちらが本物のレペンスなのか はたまた両方違うのか、まったく分からない。 もうちょっとイチからお勉強しなきゃダメだね;
2017.10.28 ---------------------------------------------- 前回の台風21号は、がっつり避難した結果 珍しくベランダの被害はゼロでした(・v・) やっぱり徹底した成果は違いますな。あたりまえですがw そんでもって、また台風が来ているようです。 今度の台風は前回より大きくないものの 風速10m程度はあるのかな? 片付け具合の判断が難しいところ、、、 飛んで落ちそうなものだけ外して置くかな。 全部は、、、さすがに2週続けてはやりたくない; 雨が多く1日を通して暗い日が多かった10月。 水を渋って徒長しないように調整してたメセンも 湿度を吸って勝手に成長を始めてきてしまったね。 いつまでも古い脱皮ガラを付けてると 天気と合わせてさらに徒長してしまうので がんばってピンセットと鋭くした竹串で取りましたよ; (ーー;)しかし、それでも今年は激しく徒長したな。 今後がんばって横に肥えてくれるよう祈ろう。 2017.10.21 ---------------------------------------------- 台風が来てるってことでベランダの多肉を避難。 ちっこいのは室内、大きいのはベランダ内に下した(写真) 物干し竿orラティス(固定済み)が飛ばない限りは安心? 大鉢が横倒しというのパターンもなくはないか・・・ なんだかんだでいつも何かしら被害があるからな〜 チェックを見落としてるんだろうな〜 多肉を室内避難する上で、数日前から晴れてくれることを願っていましたが 結局ずーーーーーーーーーーーーーーと雨で びしょびしょのまま取り込むことに(;==) 幸い、台風後の予報が晴れに変わったから 台風が過ぎたら即行でベランダに出しますわ。伸びる前にね。 夏の疲れでゾンビの多肉も水をたっぷり吸いました。 吸い過ぎて見割れしてるのもあったね。 雨が当たらずゾンビのままだったものは 台風を控える中、あえて外に出しました。ドSw 2017.10.15 ---------------------------------------------- 先日から続いて「筑波実験植物園」のレポ。 どこの植物園にもいえることだけど 大きくて見栄えのするコーデックス系が多いこと。 人気のベンケイソウ科は植えてはあるけど、長持ちしないのかな? ここでは、エケ、カランコエ、が何種かまとまっていて 他クラ、パキ、セダムが点々とあるカンジだったかな。 個人的には、アエオニウムを現地カナリー諸島並みに 巨大化したのを置いて欲しいのだが(-∀-)まだ見てないね。 もしくはエケやグラプトの群生を枝垂れさせた ロックガーデン垂直ver.とかw 「奇想天外」 2株か3株だったかな? 長い葉が岩の間を流れる沢のような演出w 川の流れのよ〜に 一度見てみたかった カタバミ怪獣「オキザリス・ギガンテア」。やっぱり無駄にデカいw 足元にはちゃっかり普通のカタバミが生えてる(^^;) 今回一番驚いたのが野外展示。 簡易屋根はあるけど、野外のサボタニ展示ってなかなか無いね。 (昔、沖縄にも野外展示があったのだが管理が悪かった) 低温にも強い種類はここでも十分そう。 デロスペルマだけのコーナーとかマニアックw サラっと1時間半ほど見ただけで(普通の人には十分な時間w さらに細かく見る為にはもう1度行かないと行けないなとおもいました。 (一番大きな熱帯植物温室には入ってすらいないし) 温室の植物以外は大きな花壇があるわけでもなく 薄暗い林が多くて、やはり温室がメインの印象。 (画像検索するとよく分かります。花の写真が出てこないからw) 万人受けはしないかもしれませんが 多肉・観葉好きさんならかなり楽しめる植物園だとおもいます(^^) 2017.10.10 ---------------------------------------------- 先日、茨城にある「筑波実験植物園」に きのこ展を見に行ってきました。 筑波の植物園というと、大きな温室も見どころであり 多肉温室も1度見てみたかったので、一石二鳥w 次回と合わせて前後編で紹介。 温室は、サバンナ温室(多肉や乾燥地帯の植物) 熱帯雨林温室・水生植物温室・熱帯資源植物温室(食用・木材・薬になる植物) の全部で4つ。どれも魅力的♪(〃v〃) サバンナ温室はこんなカンジ。 サボテンコーナーと多肉コーナー。オセアニア系などに分かれている。 多肉コーナーはさらに、 ハオルチアやアロエ、エケベリア、ユーフォルビア、 コーデックスなど細かく分かれているから見やすい(・v・) リプサリスコーナーとかマニアックやねw(写真で半分) 花の時期に見たいなー 中でもディディエレアは種類が多くて、株も立派でスゴイ。 原地に比べたらこれでも小枝サイズかもしれないが 国内でこれだけ大きいのはなかなか無さそうな気がする。 次いでユーフォルビアが見どころかな。種類かなり多かった。 来園者も昨今の多肉ブームもあってか 多肉の為に来ました!ってカンジの人をチラホラ見かけました。 とりあえず言えることは、 都内にある植物園よりコレクション数は多しです! 今回は二兎追いかけてますので、ゆっくり全部は見れませんでした。 2017.10.05 ---------------------------------------------- 早く植替えしないと冬になる(((゚д゚;))) とおもうくらい寒いな。 夏に枯れこんだクラッスラの挿し木は今が適期なんだけどな。 ちゃんと冬までに根付いてくれるか心配になる。 花後に剪定をした「ペンデンス」 長い枝はすべて花芽がついてしまったから 枝という枝が無くなってしまい せっかくの半枝垂れ性のコチもその特徴が出ず; 少し日陰に移して鉢を大きくすればいいのかな? そしたら否が応にも枝が伸びてくるかな?(・_・) 去年の冬はどうやって冬越ししたんだっけか? たしか室内の一等地に置いてあった記憶が・・・ 今年は一等地が取り合いで混んでいるから置けるかが心配w 2017.10.02 ---------------------------------------------- そろそろHPのデザインを変更したいんだけどさ〜 今風にするか古風(?)にするかで悩んでいる。 自分が使うパソコン表示だと単一横長ページが見やすいのだけど 主流のスマホ表示だとスクロールで縦長がよいのだよね? HTMLでHPを作るのはホイホイできても スマホにも対応できるCSSを一から覚えるのが大変; 言うなれば日本語しかしゃべれんのにフランス語を覚えるようなものw ベランダの多肉棚の屋根を取っ払って 雨水を吸って夏のミイラ姿が回復してきた多肉たち。 特にカランコエは見違えるほど元気になったな。 「朱蓮」は2ヶ月前からベランダ暮らし。 室内にずっとあったから色が悪かったんだよね。 やっぱり赤くなきゃ「朱蓮」じゃない! 結局夏に植替えをしなかった「リュウキュウベンケイ」 やっぱり植え替えないと花は難しいかも。 蕾が付いたら付いたで弱るから間引く予定。 マルニエリアナ」は花後の挿し木が遅くなって 枯れ込み具合がヤバかった; 梅雨前にようやく挿し木して復活。 「胡蝶の舞」もそうだけど、強健種といえど油断すると あっという間に絶えちゃうからね。油断しちゃダメだよ。 (今まで何度も書いてるのは自分が一番聞き流してるからw)
2017.09.26 ---------------------------------------------- 気付いたら「千代田錦」が根腐れを起こして 成長点までお亡くなりになっていた( ̄_ ̄|||) 15年も育てて、毎年のように花を咲かせてくれる ウチで一番愛着のあったアロエさんなのに ・・・なんてことをしてしまったんだ;泣 雨の当たらないベランダにあったのですが、 植え替えた土が主にベンケイソウ用で作ってある多肉土だった為、 水はけが多少悪かったのが原因かな? 腐葉土がかなり多いので。 水やり後の土中の水分が抜けにくく蒸れたのかも。 同じ原因でハオルチアが過去何度かダメになっている。 やはりベンケイソウ科とアロエ科で土を変えるようにダメだね。 ・ベンケイソウ>保肥性をやや重視してふかふか ・アロエ科>水はけ重視してジャリジャリ さっきハオの硬葉系寄せ植え鉢を解体したら こちらも同じ原因で根腐れを起こしていた。 同時期に植え替えしたんだろうね。他のもチェックしておかないと。 幸いにもこっちは芯まで腐りは入っていなかったので 古い根と茎を全部切って、新しい根を大事にすることにした。 太い茎を切ったので2日ほど乾燥。 その間にハオルチア用の土を作っておかないといけないね。 2017.09.16 ---------------------------------------------- 台風が来るらしいのでベランダの多肉の片付け。 風の強さの予報具合に応じて、取り込む多肉や多肉棚を変えてるんだけど 今回はベランダの柵より高い場所にあるものは全部片付けた。 よほどの強風でも(風速30m位)これなら大丈夫。 それよか、数週間前いつの間にか無くなっていたスダレが まだ見つからないのですが・・・一体どこまで飛ばされたんだ?? ミルクブッシュ」の植替え。 ユーフォのたぐいは植替えが嫌いなものが多く ほとんど植替えしないのだけど 春に挿し木した分を1鉢にまとめる為、親株の鉢を数年ぶりに植替え。 普段は鉢カバーを付けているので分からなかったけど 鉢カバーを内側から覆うほどに根が詰っていた。 さすがにこれは根をバッサリ切らないとダメだな; 根もユーフォなのに乳液が出てくるんだけど 地上部の緑の茎ほどではないね。切断した時にチョロり。 手に付くと危ないので良い子は手袋着用でw 2017.09.11 ---------------------------------------------- 早くも先日の1回目の植替えで土が無くなってしまったので土を追加。 ここ数年の多肉土は腐葉土たっぷりで作っているんだけど それだとハオルチアの根が腐りやすいんだよね。 ハオはもっとジャリジャリした荒い土の方が調子が良いみたい。 分けて作れば良い話なのだけど ただでさえ今4種類くらい作って使い分けてるから これ以上増やすと管理しきれないのだよ。土が。 万能な土1つでまとまるのが夢w コノフィツム。茎立ちが激しくて枝が混み合って灌木状になっていたので おもいきってバラバラにしました。 前は挿し木1つですら怖くて出来なかったけど やってみると案外ラクに根付いてくれていたから 今回もそうなってくれることを祈ってます。 発根はベンケイソウと違って、湿り気があった方が良いらしいです。 それでも短期間で発根できるか不安だったので 前もって少し水を飲ませてからカットしました。 シワシワのまま挿すよりかは猶予があった方が・・・ さて何割が根付いてくれるかな? 2017.09.05 ---------------------------------------------- ここ数日、急に秋になったような涼しさで 毎年恒例の残暑は??? と、怯えといて拍子抜けしたカンジ。 1週間の予報を見ても「30℃」を超える日が見つからない、、、 今年はもう暑くならないとは到底おもえないのだが 秋のカウントダウンまでのショートカットにはなりそう( ̄∀ ̄*) せっかくのチャンスなので秋の多肉の植替えを始めた。 とりあえずは目覚めの早い球根類から。 早々と9月上旬に植え替えることなんて近頃は全然無くなったのに 涼しくなったのは多肉達もちゃーんと気付いているようで 根が早々と動いていた。 せっかく出たところ悪いのだが、古根と一緒にいったんカットで。 花が咲き揃わなくなりそうだから。 いつも植替え時にはやる気を感じるハエマンサスが 今年は球根がぐったりしていた。 実生株も3株のうちの1株が枯れてしまっている。 原因は水切れかな? 写真のように夏の休眠時でも根が枯れずに残る。 また今年は冬の成長期に水やりを渋ったこともあり 太らせるはずの球根に体力を使わせてしまったのかな。ゴメンよ。 今度は水やり念入りにします。ガンガン飲んで機嫌直してちょーだい(ノ`△´)ノ

過去日記はコチラから みんなの趣味の園芸 みんなの趣味の園芸 マイページ


リアルタイムはコチラ Twitter Twitter Tシャツ屋: DOTEKKO